アニメや声優、2.5次元俳優のニュースをお届け

アニメ

『ハイキュー‼︎』の烏野高校とは?主要バレー部メンバー図鑑

高校バレーボール部を題材にした『ハイキュー‼︎』。『週刊少年ジャンプ』で連載中のスポーツ漫画です。今回は、『ハイキュー‼︎』の主人公が所属する烏野高校排球部のメインキャラクターを中心にご紹介します。

『ハイキュー‼︎』の烏野高校って?

 

『ハイキュー‼︎』とは、古舘春一(ふるだてはるいち)さんが手がける高校バレーボールを題材とした漫画です。

スポーツで共感できるシーンが多く、試合シーンがリアルで男女問わず人気な作品です。アニメ化や劇場版が何回も放送されています。

主人公の日向翔陽(ひなたしょうよう)が入学する岩手県にある高校・烏野高校排球部は、かつては強豪として全国にも名を轟かせていた名門校。しかし、日向翔陽が入学した時には「落ちた強豪“飛べない烏”」と呼ばれて弱体化していました。

ですが、日向翔陽の入学をきっかけに、歴史が大きく動き出します。個性豊かな烏野高校排球部員が切磋琢磨し、全国大会で優勝することを夢にして努力する青春物語です。

烏野高校のユニフォームは、黒がメインでオレンジラインが入っています。セカンドユニフォームになると配色が異なるのがポイントです。

ここからは、『ハイキュー‼︎』の主人公が所属する烏野高校排球部員10名をご紹介します。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【1】日向翔陽

■声優:KENNさん/村瀬歩(むらせあゆむ)さん

『ハイキュー‼︎』の主人公・日向翔陽は、烏野高校の新一年生。背番号は10番。身長が162cm程しかなく、バレーボール選手にしては非常に小柄です。
しかし、小柄な身長を補う驚異的なジャンプ力で、高身長の選手が担うミドルブロッカーをポジションとしています。

日向翔陽が烏野高校へ入学したのは、町のテレビ中継で見た春高バレーがきっかけ。当時、強豪校として名を轟かせていた烏野高校の10番「小さな巨人」に憧れて入学を決意しました。

セッターの影山飛雄(かげやまとびお)とはプレーの相性は良いながらも犬猿の仲。よく喧嘩ばかりしています。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【2】影山飛雄

■声優:前野智昭(まえのともあき)さん/石川界人(いしかわかいと)さん

烏野高校の新一年生。ポジションはセッターを任されています。背番号は9番。
影山飛雄はセッターであるものの、守備も攻撃もできることから、日向翔陽をはじめ周囲から一目置かれている人物です。

中学生の頃は強豪校の北川第一中のバレー部に所属していましたが、その暴君さながらのプレースタイルからついたあだ名は「コート上の王様」。

高校に入学した影山飛雄は、日向翔陽とコンビを組み、徐々にチームプレーを学びながら成長していきます。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【3】月島蛍

■声優:内山昂輝(うちやまこうき)さん

烏野高校の新一年生。烏野高校バレー部一の長身で、ブロックが得意なミドルブロッカー。背番号は11番。皮肉めいた物言いをするため、日向翔陽と影山飛雄と衝突することもしばしば。
基本的に面倒なことには関わらない主義なので、2人の突っ掛かりを軽くあしらっています。

月島蛍(つきしまけい)のトレードマークはメガネ。試合中にメガネが壊れたことがあり、それ以降は普段用とスポーツ用で使い分けています。

なかなか素直になれない性格ゆえにバレーボールも「ただの高校の部活でしょ」と冷めた態度を取っていましたが、他校のバレー部員と出会ううちにのめり込んでいきます。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【4】山口忠

■声優:斉藤壮馬(さいとうそうま)さん

烏野高校の新一年生。アホ毛とそばかすが特徴的なバレー部員です。ポジションはミドルブロッカーですが、ピンチサーバーとして頭角を表しています。背番号は12番。

月島蛍とは幼なじみで、よく行動を共にしています。あまり表情が変わらない月島蛍の些細な表情の変化も汲み取れます。

個性豊かな烏野高校バレー部の中で、自分に何も秀でたものがない……と悩みつつも、ジャンプフローターサーブを取得しようと練習に励み、見事チームを支えるまでに成長した努力と忍耐強さを併せ持つ人物でもあります。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【5】澤村大地

■声優:柳田淳一(やなぎたじゅんいち)さん/日野聡(ひのさとし)さん

烏野高校排球部の主将である澤村大地。しっかり者ですが、怒ると誰も逆らえなくなるほど威厳があるキャラで、静かに威圧感を出すタイプです。背番号は1番。

烏野高校バレー部メンバーの保護者的な立ち位置のため、何かと問題児に振り回されがち。ですが、圧倒的な包容力で包み込んでしまうほどの器の広い持ち主です。

烏野高校への進学を決めたのは自宅が近かったことと、春高に出た烏野高校の姿を忘れられなかったと言っています。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【6】菅原孝支

■声優:宮永恵太(みやながけいた)さん/入野自由(いりのみゆ)さん

菅原孝支(すがわらこうし)は烏野高校三年生。烏野高校バレー部の副主将で、ポジションはセッターです。背番号は2番。爽やかな好青年で、左目下のホクロが特徴的です。

影山飛雄が入学するまでは正セッターでしたが、実力のある影山が入学したことによって試合への出場数が減ってしまいます。しかし、影山は先輩である菅原孝支のことを一目置いており、「チームの信頼を得ているのは菅原先輩の方」と言っています。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【7】東峰旭

■声優:細谷佳正(ほそやよしまさ)さん

烏野高校三年生の東峰旭(あずまねあさひ)は、バレー部のエーススパイカーです。背番号は3番。顎髭を生やし、髪を後ろで束ねているため、よく怖い人と思われがち。

ですが実際は、小心者でヘタレキャラ。キャプテンの澤村大地からは「ヒゲちょこ(ヒゲのへなちょこの略)」と呼ばれています。

威厳のある見た目ゆえ、他校の生徒からは留年した社会人だと思われているらしく、その陰口が聞こえてくると若干凹んでしまいます。しかし、試合になったらエースとしての頭角を示し、チームの勝利に貢献します。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【8】西谷夕

■声優:岡本信彦(おかもとのぶひこ)さん

西谷夕(にしのやゆう)は、烏野高校二年生。ポジションはリベロで、「烏野の守護神」と言われています。背番号は4番。

非常に男気溢れた性格をしており、「背中は俺が守ってやるぜ!」という台詞に惚れるファンが続出。チームのムードメーカー的存在で、同学年の田中龍之介と一緒によく騒ぎすぎてキャプテンの澤村大地に怒られています。

烏野高校への進学を決めた理由は、①男子の制服が学ランでかっこいいから、②女子の制服がすごく好みだから、③家が近いからと挙げています。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【9】田中龍之介

■声優:本橋大輔(もとはしだいすけ)さん/林勇(はやしゆう)さん

烏野高校二年生の田中龍之介は、東峰旭の対を任されるパワースパイカー。背番号は5番。

西谷夕とよく一緒に騒いで怒られる人物で、情に熱く、人がいいお調子者です。ですが、日向翔陽ら一年生をよく気にかける面倒見のいい先輩です。

スパイカーとして突出した能力は持ち合わせてはいないものの、彼の持つ鉄壁のメンタルは凄まじいもので、烏野高校の切り込み隊長としてどんな時でも折れない強さを持っています。次期エースとして期待されていて、それにふさわしい本質の持ち主だと周りから認められています。

『ハイキュー‼︎』烏野高校排球部員【10】縁下力

■声優:増田俊樹(ますだとしき)さん

縁下力(えんのしたちから)は、烏野高校二年生。ポジションはウィングスパイカーで、三年生が卒業した後の次期キャプテンとして期待されている人物です。背番号は6番。

七三分けで眠そうな垂れ目が特徴的。烏野高校二年生バレー部の中ではまとめ役的存在で、西谷夕も田中龍之介も縁下力の前では頭が上がりません。いわゆる二年生の「首領(ドン)」。

攻守をこなせるオールラウンダーで、次に澤村大地の後を継ぐことができるなら、縁下力しかいないとお墨付きをもらっています。


アニメの第4期も始まり、ますます勢いを増している『ハイキュー‼︎』。今回は烏野高校バレー部にスポットを当てましたが、対戦校にも魅力的なキャラがたくさんいます。物語が進むにつれ、烏野高校バレー部がどんな強敵と試合していくのか楽しみですね。ぜひ、『ハイキュー‼︎』の展開を見逃さずチェックしていきましょう!