アニメや声優、2.5次元俳優のニュースをお届け

アニメ

『鬼滅の刃』の雷の呼吸とは?使用キャラや雷の呼吸の全型一覧

『鬼滅の刃』は『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画です。シリーズ累計発行部数4000万部を突破しています。2019年4月にはテレビアニメ化もされ、2020年に続編の劇場版が公開予定です。今回は鬼を倒す時に用いる呼吸法の一つ・雷の呼吸について、雷の呼吸の使い手や雷の呼吸の全型をご紹介します。

『鬼滅の刃』とは?

『鬼滅の刃』の舞台は大正時代。主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は家を留守にしている間に鬼に家族を殺され、生き残っていた妹の竈門禰豆子(かまどねずこ)さえも鬼にされてしまいます。

炭治郎は禰豆子を人間に戻すため鬼殺隊に入り、鬼化させた張本人・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)への復讐を誓います。

『鬼滅の刃』は、炭治郎が鬼狩りの任務をこなしていく中で、たくさんの仲間達と出会い、そして別れ、鬼のいない平和な世界を目指し奮闘する物語です。

アニメ『鬼滅の刃』公式HP

『鬼滅の刃』の雷の呼吸とは?

『鬼滅の刃』にて、鬼を倒すためには「日輪刀」という刀とその力を存分に発揮できる呼吸法が必須となります。

呼吸には様々な種類があり、自分に合っていない呼吸法を使うと日輪刀はすぐに刃こぼれし、使えなくなってしまいます。

雷の呼吸とは、数ある呼吸のうちの一つで、使い手の日輪刀には走る稲妻のような紋様が現れます。

ちなみに、雷の呼吸は、風、岩、炎、水と並んで基本の呼吸と言われていますよ。
基本の呼吸から派生する型も多く、音柱・宇髄天元(うずいてんげん)が使う音の呼吸は雷の呼吸から派生したものです。

また、雷の呼吸の使い手が鬼殺隊の最高位である柱になった時の名称は「鳴柱」と言います。

『鬼滅の刃』で雷の呼吸を使うキャラ【1】桑島慈悟郎

■CV:千葉繁(ちばしげる)さん

桑島慈悟郎(くわじまじごろう)は鬼殺隊隊士を育てる育手の1人で、我妻善逸(あがつまぜんいつ)の師匠です。
実は元鳴柱で、35歳の時に鬼との戦闘で片足を失い柱を引退しました。善逸からはじいちゃん、獪岳(かいがく)からは先生と呼ばれています。

桑島慈悟郎の修行は厳しいため、修行を嫌がる善逸を幾度となく捕まえては殴ったり怒鳴りつけて叱っています。しかしその反面、善逸の才能を誰よりも評価し自分の誇りと称しています。

獪岳が鬼となった際は、雷の呼吸の使い手から鬼を出してしまったことを詫びるため、自身の腹を斬り死亡しました。

『鬼滅の刃』で雷の呼吸を使うキャラ【2】我妻善逸

■CV:下野紘(しものひろ)さん

我妻善逸は臆病者で騒がしく、かなりのヘタレ。すぐ泣き出しますが、鬼から子供を庇うなど根は優しく、誰よりも弱い者の気持ちが分かる少年です。

聴覚が非常に優れていて、寝ている間でも他人同士の会話を聞くことができます。
また、相手の発する音から思考さえも読み取ることができます。嘘を付いていると分かっていても、自分の信じたい人を信じるという思いから、過去に7人の女性に奴隷のようにこき使われ、金だけ取られて捨てられた過去もあります。

元々は黒髪でしたが、雷に打たれた衝撃により金髪に変わっています。

以前までは命の危機を感じると恐怖と緊張から気絶し、眠った状態で鬼と戦っていました。しかし、兄弟子である獪岳戦以降は起きたまま戦うことができるようになっています。
善逸は雷の呼吸の使い手ですが、数ある型のうち壱ノ型しか使えません。

実は、善逸は名前も付けられなかった捨て子でした。しかし、自分を拾ってくれた師匠・桑島慈悟郎を敬愛しており、獪岳のことも嫌いではありますが兄弟子として尊敬していました。

『鬼滅の刃』で雷の呼吸を使うキャラ【3】獪岳

 

■CV:細谷佳正(ほそやよしまさ)さん

我妻善逸の兄弟子で、雷の呼吸の使い手の1人です。
修行を嫌がり泣いてばかりの善逸を嫌い、桃を投げつけたりと何かと強く当たっていました。

桑島慈悟郎が後から弟子となった善逸に分け隔てなく大切に接しているのを見て、自分だけが特別でないと気が済まない獪岳は徐々に不満を募らせていきます。

その後、原作144話で鬼の姿となって善逸の前に現れます。
獪岳は雷の呼吸の壱ノ型以外を使うことができるのに対し、善逸は雷の呼吸の壱ノ型のみしか使えないなど、兄弟子と弟弟子を対照的に描いています。

ちなみに、獪岳は師匠の桑島慈悟郎から善逸と同じ柄の着物を貰いましたが、袖を通すことはなかったそうです。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【1】壱ノ型 霹靂一閃

■雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)

電光石火の勢いで鬼に接近し、一太刀で鬼の弱点である頸を斬る技です。
相手に攻撃の隙を与えることなく先手を取ることができます。攻撃時は雷鳴の如く轟音が響きわたります。

また、壱ノ型を6連撃放つことのできる「霹靂一閃 六連」と、さらに強力な「霹靂一閃 八連」は多方向からの攻撃を瞬時に斬り払うことが可能な技です。

そして、壱ノ型最速の剣技と言われている「霹靂一閃 神速」は上弦の鬼をも圧倒する速さを持っています。しかし足への負担が大きく、雷の呼吸の使い手の1人である我妻善逸は神速を2回使うと動けなくなってしまいます。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【2】弐ノ型 稲魂

 

■雷の呼吸 弐ノ型 稲魂(いなだま)

稲玉とは稲妻のこと。一息で瞬く間にあらゆる方向から稲妻が放電しているかのような5連の斬撃を繰り出すことができます。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【3】参ノ型 聚蚊成雷

■雷の呼吸 参ノ型 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)

相手の周囲を回転しながら斬撃を与える波状攻撃技です。
聚蚊成雷とは四文字熟語の1つで、小さな蚊でも数が多く集まれば羽音が雷のような轟音になるという意味があります。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【4】肆ノ型 遠雷

■雷の呼吸 肆ノ型 遠雷(えんらい)

技を繰り出した人物を中心に放射状に稲妻のような斬撃を放つ技です。
攻撃範囲が広く、遠距離戦でも対応可能です。複数の相手に一斉に攻撃を与えることもできます。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【5】伍ノ型 熱界雷

 

■雷の呼吸 伍ノ型 熱界雷(ねっかいらい)

熱界雷とは、強い日差しによる上昇気流に前線が作用して起きる雷のことです。
上昇気流のように相手を上へと斬り上げ、吹き飛ばすほどの激しい斬撃を放つ技です。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【6】陸ノ型 電轟雷轟

 

■雷の呼吸 陸ノ型 電轟雷轟(でんごうらいごう)

電轟雷轟とは雷が鳴り響き、稲妻が走るという意味です。
一瞬の内に広範囲にいく筋もの雷のような斬撃を放ち、相手の全身に攻撃を与えます。

『鬼滅の刃』の雷の呼吸【7】漆ノ型 火雷神

■雷の呼吸 漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)

火雷神とは、農耕民族であった古代日本人が雷の猛威に対する畏れや稲妻と共にもたらされる雨の恵みへの信仰から生まれた神と言われています。

壱ノ型しか使えなかった善逸が修行の果てに編み出したオリジナルの型です。同じく雷の呼吸の使い手である獪岳にも見えないほどの速さで、雷の呼吸最速の技とされています。

原作では雷神を象徴する龍が描かれ、強烈な一撃を繰り出しています。


『鬼滅の刃』の雷の呼吸の使い手や雷の呼吸の全型をご紹介しました。このまま順当にいけば次の鳴柱は善逸の可能性が高いですね。善逸は鬼となった兄弟子を倒し、敬愛していた師匠は亡くなってしまいました。しかし、炭治郎達に出会ったことで成長し、自分だけの型を編み出した彼ならどんな手強い鬼にも勇敢に立ち向かうことができるでしょう。今後の善逸の活躍や『鬼滅の刃』の展開が楽しみですね。