アニメや声優、2.5次元俳優のニュースをお届け

アニメ

『攻殻機動隊』を観る順番は?シリーズの紹介や時系列別などの順番も

数々の映像作品が公開されている人気作品『攻殻機動隊』。見てみようと思っても、どれから見たらいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は『攻殻機動隊』シリーズの作品一覧や、時系列で視聴する場合の順番などをご紹介します。

『攻殻機動隊』とは?

『攻殻機動隊』とは、士郎正宗(しろうまさむね)さんによって描かれる漫画作品です。

21世紀、「地球統一ブロック」となった世界で科学技術が高度化した日本を舞台に、マイクロマシン技術が発展することで人間やサイボーグ、アンドロイドなどが共存することとなった社会で起こる犯罪行為を抑える公安警察組織「公安9課」、通称「攻殻機動隊(こうかくきどうたい)」の活躍を描きます。

原作は1989年に『ヤングマガジン海賊版』で初掲載され、1995年に映画化しました。
漫画、映画ともに大人気を博し、映画は当時では異例である30万本以上の売り上げを記録。以降数々のシリーズ作品が発表され、多くのファンに高い評価を得ています。

『攻殻機動隊 』インフォメーションサイト

『攻殻機動隊』には複数のシリーズがある?

前述の通り、『攻殻機動隊』には複数のシリーズがあり、原作を映像化したものや世界観や登場人物を同じくしたパラレルワールドのような設定の作品も存在します。

2002年から放送されたテレビアニメ『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズはパラレルワールドとして完全オリジナルで制作され、2013年に公開された映画およびOVAの『攻殻機動隊ARISE』シリーズでは攻殻機動隊が結成される直前の物語や主人公が以前所属していた機関の内容が描かれるなど、原作の世界観を基準とした作品群などが展開されています。

2017年には実写映画化もされており、こちらは『ゴースト・イン・ザ・シェル』というタイトルで公開されました。

『攻殻機動隊』を見る順番は?

それでは、映像化された『攻殻機動隊』シリーズの作品一覧を公開された順番に見ていきましょう。

・1995年 映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
・2002年 テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
・2004年 テレビアニメ『攻殻機動隊 S.A.C. 2ndGIG』
・2005年 総集編『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』
・2006年 テレビアニメ『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society』
・2006年 総集編『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』
・2008年 映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』
・2011年 映画『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』
・2013年 映画『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』
・2013年 映画『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』
・2014年 映画『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
・2014年 映画『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』
・2015年 テレビアニメ『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』
・2015年 OVA『攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT』
・2015年 映画『攻殻機動隊 新劇場版』

以上となります。
また、2020年にはNetflixにてシリーズ初の3DCGアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』が公開されます。

とりあえず『攻殻機動隊』を知りたい!という方は、上記の順番に沿って視聴することをおすすめします。

『攻殻機動隊』を時系列別に見る順番は?

放送順ではなく、時系列で『攻殻機動隊』を楽しみたい!という方もいるかもしれません。
その場合は、下記のように見ていくといいでしょう。

・映画『攻殻機動隊ARISE』シリーズ
・OVA『攻殻機動隊ARISE PYROPHORIC CULT』
・映画『攻殻機動隊 新劇場版』
・映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』
・テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
・総集編『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』
・映画『イノセンス』
・テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2ndGIG』
・総集編『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』
・テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』

以上となります。

『攻殻機動隊 SAC_2045』はまだ公開されておらずどの時系列になるかは不明であるため、『攻殻機動隊 SAC_2045』の公開を待ってから楽しむということも選択の一つとなっています。

時系列順で視聴する際は、作品によってはパラレルワールドの設定であることなどに気をつけましょう。

以下からは、『攻殻機動隊』シリーズのおすすめ作品をご紹介します。

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【1】『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』

押井守(おしいまもる)監督による、記念すべき映像化作品の第1作目です。

原作におけるエピソードをもとに、コンピュータが自我を持った場合、「人間を人間たらしめるものは何か?」「人間が人格と記憶を外部化した場合、それは人間たりうるのか?」など、「機械と人間」に関する内容を中心にしたシリアスな物語が描かれます。

『攻殻機動隊』における主人公・草薙素子(くさなぎもとこ)は、自身が人間であるのか、自身は機械ではないのかという疑問を胸に任務にあたります。

ゴーストという魂のありかについて、哲学的な要素も含めて展開される作品です。

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【2】『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

『攻殻機動隊』初のテレビアニメシリーズとして放送された、映像化作品の第2作目です。

通称『S.A.C』シリーズ。原作や第1作目と異なり、もしも素子が謎多きハッカー・人形使いと出会わずに公安9課に残っていたら」といったパラレルワールド設定で物語が描かれます。

社会問題をテーマとした近未来SF作品であり、他作品と比べると設定などが理解しやすいため、初めて『攻殻機動隊』に触れる人はこのシリーズから見ると作品に入りやすいかもしれないですね。

ちなみに、ネットで話題となり有名になった「攻殻立ち」は、本シリーズの第2期にあたる『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2ndGIG』のOPが元ネタとなっています。

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【3】『攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society』

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2ndGIG』で起きた事件の解決後、リーダー的な存在であった素子が失踪してから2年が経過した物語が描かれます。

素子がいなくなった大きな穴を埋めるため、公安9課は組織の大々的な変革を実施。
トグサを新たなリーダーとし、犯罪の抑止活動にあたる公安9課ののもとに「複数の人間が自殺をする」という事件が舞い込み、次第に国の中枢が関わってくる問題となっていきます。

こちらは『S.A.C』シリーズの続編にあたりますので、先に前作である『S.A.C』2作を視聴することをおすすめします。

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【4】『イノセンス』

第1作目である『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編となる映画作品です。
原作のエピソードをベースに、前作で素子が失踪し3年が経ち、新たにバトーを主人公とした公安9課を描きます。

自身の身体の大部分を義体化しているバトーは、素子同様に「人間と機械との境目」に疑問を抱いていました。
そんなある日、アンドロイドのひとつである少女型ガイノイドの暴走事件が発生。事件を追っていく中で、ガイノイドの製造や自身の悩みに関する重大な秘密が明らかとなっていきます。

前作と同様に、「人間はなぜ人形を作り続けてきたのか」という問いなどの哲学的な要素が含まれる作品となっています。

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【5】『攻殻機動隊ARISE』シリーズ

原作、映画、テレビアニメに続く完全新作の『攻殻機動隊』として映画が先行公開され、後にOVAとなったシリーズです。

これまでの『攻殻機動隊』と変わり、脚本だけではなく公安9課メンバーの担当声優も一新されるということで大きな話題となりました。
公安9課が設立する前のメンバーたちの話や、素子が以前所属していた501機関について掘り下げた内容となっています。

また、テレビアニメ用に再編集された『攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』には新エピソードが追加されているので、新たな発見があるかもしれません。気になる方はチェックしてみましょう!

『攻殻機動隊』のおすすめ作品【6】『攻殻機動隊 新劇場版』

過去の『攻殻機動隊』シリーズに連なる、『攻殻機動隊』25周年記念として制作された映画作品です。

『攻殻機動隊ARISE』の世界観とストーリーを引き継ぎ、素子の過去や公安9課が設立されるにあたっての物語という内容はそのままに、長編映画としてのスケールアップが行われた『攻殻機動隊ARISE』シリーズの完結編です。

事件の解決や素子の出生に関する秘密、素子の部隊が公安9課に所属するエピソードなど、まさに25周年にふさわしい作品となっています。


『攻殻機動隊』シリーズのご紹介、いかがだったでしょうか?『攻殻機動隊 SAC_2045』の公開も控え、今後も『攻殻機動隊』の話題はますます広がっていくことでしょう。Netflixほかでは最新作だけではなく過去作も視聴することができるので、今回ご紹介した順番を参考に『攻殻機動隊』シリーズを見てみることをおすすめします。そのほか、公式サイトやTwitterで公開される最新情報などもぜひチェックしてみてください!